今すぐお金借りたい人は便利なカードローンがオススメ!

早くお金を借りたいという時に大切なのが「短時間で借りられる」「お得に借りられる」「安心して使える」という3点。

 

この3点を満たしているローンの中で一番オススメなのが、消費者金融のカードローンです。

 

お金を用意する方法には色々なものがあります。

 

バッグやゲームなどの不用品をオークションやフリマアプリで売ったり、残業やアルバイト、副業などで収入を増やしたりする方法もあります。

 

しかし、不用品を売るにも限度がありますし、収入を増やすには時間がかかるため「今すぐになんとかしたい!」という時には使えません。

 

急いでお金を工面しなければならないという時は、お金を借りるのも一つの方法です。

 

借金にはマイナスのイメージを抱いている人も多いですが、期限までにきちんと返せばトラブルにはなりません。

 

手軽にお金を借りる先としては、家族や友人なども候補に上がりますが、お金の貸し借りは人間関係を壊してしまうこともあります。

 

審査がなく、利息も必要ありませんが、個人間の借金は深刻なトラブルや事件に発展するケースもあり、軽い気持ちでお金を借りると大変なことになりかねません。

 

使い勝手によってはお金を貸すことを断られたり、相手にもお金に余裕がなかったりすることもあります。

 

消費者金融や銀行のカードローンであれば、そうした人間関係のトラブルを気にする必要はありません。

 

しかも、一度申し込めば限度額の範囲内で繰り返し利用することができます。面倒な申し込みをせずに何度も使うことができるので非常に便利です。

 

申込方法

カードローンの申し込みというと難しそうに思えますが、最近ではインターネットから簡単に手続きできるようになっています。
24時間いつでも受け付けているので、家からでも通勤途中の電車の中でも、スマートフォンやパソコンを使って申し込みできます。

 

本人確認書類等の書類提出もアプリやメールでできるため、郵送による面倒なやり取りもありません。

 

夜間や早朝でも申し込めるので、急いでいる時にも便利です。

 

必要書類

審査や手続きをスムーズに進めるために、必要な書類は申込前に揃えておきましょう。
カードローンの申し込みで必要になるのは、本人確認書類と、収入証明書類です。

 

本人確認書類

本人確認書類として利用できるのは、運転免許証、パスポート、健康保険証などです。

 

収入証明書類

基本的に収入証明が必要になるのは、申込金額が50万円を超える場合と、他社との借入合計が100万円を超える場合です。

 

申込金額が少ない時は必要ありません。ただし、自営業の場合は希望金額にかかわらず収入証明を求められるケースが多いです。

 

また、審査の状況によっては少額でも収入証明を求められる場合もあります。
収入証明書類として利用できるのは、給与明細(直近2ヶ月分が目安。賞与明細書が必要な場合も)源泉徴収票、確定申告書などです。

 

審査について

銀行でも消費者金融でも、お金を借りるためには審査に通過しなければいけません。

 

貸金業によって利益を出すためには、貸した人がきちんと利息をつけて返済してくれる必要があります。

 

お金を返せそうもない人にお金を貸すわけにはいきません。そのために、ローンの前には慎重に審査を行っています。

 

審査でチェックされるポイント

審査項目や基準について、どこの金融機関も明らかにはしていません。審査基準は金融機関にとって大切な商売道具で企業秘密だからです。

 

一般的に次のようなポイントがカードローンの審査でチェックされていると言われています。

 

・年収
消費者金融の場合、年収の3分の1を超える金額を貸してはいけない決まりです。

 

・他社からの借入状況
借入件数が3件を超えたあたりから、審査通過が難しくなると言われています。

 

・信用情報
過去に延滞、債務整理、自己破産などをしていないかチェックします。

 

・勤続年数
勤続年数が長いほうが、収入が安定している可能性が高いため有利になります。
最低でも半年、できれば1年以上あると良いです。

 

・雇用形態
正社員や公務員が有利です。

 

審査では色々な項目を総合的に判断します。そのため、一つの評価が悪くても、他に良い評価を取っているところがあれば審査に通過できる可能性があります。

 

審査で有利になるために嘘の内容を伝えるのはNGです。
大抵のことは信用情報の確認で分かってしまいます。嘘をついたことが判明すれば、問答無用で審査に落ちてしまいます。

 

急いでお金を借りたい時は?

申し込んだその日のうちにお金を借りたい時は、消費者金融のカードローンを選びましょう。

 

銀行カードローンでは、カードの契約から借り入れまでを一日で行うことはできません。以前は銀行でも即日融資に対応しているところもあったのですが、銀行カードローンの自主規制強化によりできなくなってしまいました。

 

消費者金融の場合、アコム、プロミス、モビット、アイフルなどが即日融資に対応しています。

 

ただ、「即日融資可能」「24時間申込受付」と書かれていても、実際の審査には人間が関わります。そのため、営業時間をすぎてしまうと結果が出るのは翌日以降になってしまいます。
即日融資OKな消費者金融でも、申込時間によっては間に合わないこともあります。不安な場合は申し込みの直前に電話でタイムリミットや混雑具合などを確認しておくと良いでしょう。

 

銀行カードローンと消費者金融

カードローンには銀行のものと消費者金融のものがあります。

 

銀行カードローンは金利が低く、大きな金額も借りやすいです。

 

ただ審査は厳しく、時間もかかります。申し込んだ日にお金を借りることもできません。

 

また、銀行では振込融資の際、振込先の口座が限られていることもあります。

 

カードを作っていても、口座がなければすぐに振込融資を使うことができない場合もあるため、事前によく確認しておきましょう。

 

一方、消費者金融のカードローンは金利が高い代わりに審査に通過しやすく、審査時間も短いです。

 

振込融資の対応口座や提携ATMも豊富です。即日融資にも対応しており、今すぐにお金を借りたいという時の味方です。

 

また、消費者金融の中には初めて利用する人を対象に、無利息期間を設けているところもあります。期間内であれば金利ゼロでお金を借りられるので、条件を満たしているのならば、銀行カードローンよりもお得です。

 

銀行カードローンにも消費者金融にもそれぞれ長所があります。借入金額が大きかったり期間が長かったりする場合は銀行カードローンを、急いでいる場合や初めてカードローンを使うという場合は消費者金融のカードローンがおすすめです。

 

急いで借りたい時の注意点

即日融資を希望している場合には、各段階のタイムリミットに間に合うことが大切です。

 

まずは先程も説明した審査受付時間。その日のうちに審査が行われなければ即日融資はできません。

 

次に在籍確認。ローンの審査では、申込者が申告どおりの職場に勤務しているかどうか、職場に直接電話をかけて確認します。

 

在籍しているかどうか分かれば良いので、本人が電話を取らなくても問題ありません。

 

しかし、職場に誰もおらず、電話を取る人がいなければ在籍確認が取れません。こうなると審査結果は翌日以降にお預けです。

 

何時頃までなら職場に人がいるかという確認も大切です。

 

そして最後の壁となるのが融資の受付時間。

 

カードローンでは、カードを使ってATMからお金を借りるか、口座に直接振り込んでもらうかのどちらかでお金を借りることができます。

 

どうやってお金を借りるかによってタイムリミットが異なります。

 

振込融資の場合

振込融資の申込期限は、平日14時までです。これは銀行の営業時間の都合です。原則、土日祝日に振込みによる即日融資はできません。

 

各消費者金融の振込融資受付期限は次のようになっています。

 

プロミス:平日14時50分
アコム:平日14時30分(ゆうちょ銀行宛は14時まで)
アイフル:平日14時頃
モビット:平日14時50分
レイクALSA:平日14時

 

この期限をすぎると振込実行は翌営業日以降になります。

 

14時までとタイムリミットが早いため、審査の時間を考えると、遅くとも昼の12時までには審査の申し込みを済ませておきましょう。

 

ただし、カードローンによっては、特定の銀行口座宛の振込みに限り、24時間振込受付をしていることもあります。

 

例えば、プロミスでは三井住友銀行・ジャパンネット銀行宛の振込は24時間対応、アコムでは楽天銀行宛の振込みに限り24時間対応しています。

 

自分の持っている銀行口座にあわせて、振込融資の受付時間が長いカードローンを選ぶのも良いでしょう。

 

ローンカードを使って借りる場合

振込みではなく、カードを使う場合にはもう少し時間に余裕があります。

 

無人契約機のある消費者金融では、契約機でカードの発行ができます。

 

郵送で受け取るよりもずっと早くカードが手に入ります。契約機によるカード発行は、インターネットから申し込んだ場合でも利用可能です。

 

契約機の営業時間はカードローンや設置場所によりますが、21時ごろまでというところが多いです。

 

身近に設置されている契約機の営業時間を確認の上、受け取りにいきましょう。

 

カードさえ発行できれば、後は24時間営業のコンビニATMなどでお金が借りられます。

 

土日祝日に借りる時の注意点

消費者金融では土日祝日でも申込受付・審査を行っています。ただし、注意が必要な点もあります。

 

お金を借りるのは審査の通過が必要です。

 

そして審査では必ず在籍確認を行います。しかし土日祝日休みの職場では、在籍確認が終わりません。

 

カードローンによっては、限度額を10万円程度に抑えることで、在籍確認を給与明細の提出や健康保険証の提出で一時的に代用することもできます。

 

ただし、代用可能かどうかは他の審査状況にも影響されます。

 

年収や勤務実績、信用情報がぎりぎり合格ラインのような場合は、電話による在籍確認しか認められないこともあります。